丘陵地の霊園の雰囲気

東京都心から離れて多摩方面に向かうと、広大な面積の霊園を各地に見かけます。近年は平地よりも丘陵地に大きな霊園がつくられるようになっていますが、丘陵地の霊園の雰囲気がとても良いと感じます。

その理由の1つは、周囲の眺めの良さです。高台のお墓の前にたつと、くだる斜面の向こう側の緑や住宅地の景色が目に入ります。平地の霊園だと、緑はあっても起伏や眺望が得られない事があるわけなので、丘陵地の霊園の良さその1は、眺望というわけなのです。

そして多くの場合、丘陵地の霊園とは濃い緑に取り囲まれていることがあります。しかもガーデニングの行き届いた、ガーデン霊園だったりすると、これまた死者の霊をとむらうのには良い環境だな、いっそ住んでもいいなと感じるほどなのです。

緑とお墓

昔の霊園にありがちだった、怖いイメージというのは、かなり払拭されている霊園が多くなってきました。ガーデン霊園はその際たる例を見せてくれるのですが、訪れて怖さがないというのは、何度も訪ねてきたくなる要素の1つになることでしょう。こわーい霊園だと肝試しの役割ではありがたいことですが、生きている人の心を和ます霊園というのは、廃れない要素になっているのではと感じられます。

多摩の丘陵地の霊園には、そうした要素を備えた場所がありました。霊園を選ぶとしたら丘陵地の場所の人気は、高くなっていることでしょう。そういう魅力ある霊園なら、都市部から少し離れていても良いという話もうなずけることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です